自宅でセシウム137〜などの放射線被ばくから家族の健康を守る方法




これらの問題を解決できるマニュアルが
あったらいいとは思いませんか?
このマニュアルはあなたと家族を
放射線被ばくから守る最終手段です!


メールIN

下記のメールBOXに、あなたのメールアドレスをご登録下さい。 あなたの地域の汚染度が解かる最新レポートをお届けします。

※関東圏内においても放射線管理区域レベルの汚染地域が認められています。

E-Mail ※


ご登録いただいた方には「被ばく対策」に関するメールマガジンをお届けします

ご入力いただいた個人情報は汚染度マップやメールマガジンのご案内に使用させていただくものです。 あなたの大切な個人情報を第三者に渡すことはございません。
プライバシーポリシー
あなたは3.11以降、お子さんや家族の放射線被ばくについて、もの凄く不安に感じているのではないでしょうか? 何かアクションを起こさなければならないと思っても、何をしていいのかが解からない日々を送っていると思います。 私も6歳の娘を持つ主夫ですので、あなたの辛い気持ちを深いところで理解しているつもりです。 ですが今からご紹介するマニュアルは、そんなあなたの不安を解消してくれると思います。何事においてもそうだと思いますが、 知っているか、いないかの違いが将来において大きな違いをもたらすことがあります。

そう、人生においては「微差」が「大差」を生んでいることがほとんどだと思います。 そういう意味でも今回のオファーは、後にも先にもあなたにとって安心を与えるものになると確信しています。 ここに一本、信頼できる海外メディアが報じている動画があります。日本では報じていない今の正確な状況を知って欲しいので、 まずはこちらの動画をご覧いただきたいと思います。削除されてしまう可能性がありますので、お早めにご視聴ください。 ※こちらをクリックすると動画(約8分間)が始まります。


こんにちは、未来プロジェクトの辰巳勝則です。私は「健康」をテーマに玄米食と酵素(エンザイム)食を普及するために Webマーケッターとして活動するライフコーチです。現在、服部幸雄先生が率いるNPO法人日本食育インストラクター協会に在籍しています。 日々の活動のかたわら、自らも兼業農家として父親と 減農薬の「ひのひかり」を栽培しています。 「美味しんぼ」の山岡士朗に憧れて、「食」の世界を明るくしたいということで「食」に携わること今年で21年のキャリアです。 経営していたレストランが渋谷で人気NO.1に選ばれたり、テレビに出たりしたこともあります。

主にメンタル面でのサポートが得意な分野で、メンタルトレーナーとして活動していた時期もあります。また私の妻は弊社のヘルスアドバイザーです。 看護師であり保険士ですので、日々、健康に関する最新の情報に触れています。医療的なことはチームの一員として彼女から判断を仰ぐこともしばしばです。 そんな彼女が今回の件で口癖なのが、「インフルエンザ用のマスクをして下さい」とか、 帰宅後は必ず「うがいと手洗いを徹底して下さい」とアドバイスをしています。このような基本的なことは、あなたも心がけて欲しいと思います。 うがいや手洗いは予防の中でも効果のある手段なのですね。あらゆる「汚れ」というものは、流せば落ちるのです。これは放射性物質も同じです。

これからはますます肉体的にも精神的にも厳しい時代が予想されますが、夫婦共に力を合わせて、メンタルタフネスと食の分野、 そして健康の分野という専門性を活かしたサポートを提供したいと考えています。ヘルシー・ライフ・プロジェクトの一貫として、 今回の未曾有の危機に立ち向かっていきたいと思います。そしてこれを機会に2ランク上の健康ライフを送って欲しいと思います。


2011年3月11日、あの日はいつも通り自宅兼事務所でパソコンに向かって会員さまのサポートをしている時でした。 大きな揺れが来た時は正直”ついにこの時が来たか!”と静かに覚悟しました。隣のマンションでは家財道具が倒れるなどの被害がありましたが、 おかげさまで我が家(事務所)は何の被害もなくすみました。町に出ると真っ暗闇で、世紀末の雰囲気が醸し出していました。 その後は東北を中心に沢山の方が亡くなられたのをインターネットで確認したのですが、 虫の知らせというか、その時、何となく不吉な予感がしたのです。この程度では終わらないだろうと。 なぜなら数年前に読んだ原発反対派の方が書いた書籍の中で、「原発が地震に弱い」と言うことを、たまたま知っていたからです。 そしてその不吉な予感が本当に的中してしまったのです。

福島第一原発の放射能漏れの問題、本当に恐いですね。とうとう、日本中に放射性物質がばら撒かれてしまいました。 遠くは沖縄でも放射性物質がみつかったという報道もされています。熱量では広島原爆の29.6個分にあたるとのこと。 それに今回の福島第一原発事故は、広島・長崎の原爆とは比べられない位、晩発障害が残るとも言われています。 今回の福島第一原発事故をきっかけに、東日本の国民だけでなく日本全国の人々が嫌でも原発問題に関心を持たれました。 今、判っているだけでも飛散した放射性物質の量は実に80京ベクレルから100京ベクレルにも達します。 5年前、大騒ぎをした新潟刈羽原発の事故の時の漏洩量が3億ベクレルだったことを考えると、 実にその30億倍ですから今回の事故のすさまじさが判ります。


あの忌まわしい事故から半年を経過しようとしている現在ですが、沢山の人々が多くの疑問や不安、そして心配を抱えています。 にもかかわらず国を挙げての原発の処理は、実際のところはほとんど進んでいないという状況です。つまり工程通り進むこともなく、 今でもちょろちょろと漏れ続けているのです。そして今もなお続いている深刻な内容については公開されていない状況です。 それに事故直後、発電所から地元への通報体制がなっていなかったことも判りましたが、 他にも政府が、「遠くに逃げろ」と「直ちに健康に影響がない」との2つの誤った情報を流し、 それによって多くの国民を被曝させました。特に放射線の健康障害が「急性」になることはよほどのことですから、 「直ちに」という表現は不誠実極まりもなかったのです。


冒頭に申し上げておきますが、放射能事故への万全の備えというものはありません。また今の場所から他国に逃げることができる方ならともかく、 99%の方は現実的とはいきません。私もそうです。小学校1年の娘が成長するのに大切な時期に、 慣れた環境を変えることは果たして良いのか否かは分かりませんから・・・。 恐怖から逃げ出すことよりも放射性物質と付き合うべく放射性物質の性質を理解して、最善を尽くすことの方が人間らしいと考えるようになったのです。

それからは私自身、食育インストラクターとして、忙しいあなたに代わって放射能に対する対策を理解するために、 身銭を切って全国を回って専門家の 話を聞きに行ったり、セミナーに参加したりしました。足りない知識はここ5ヶ月の間、 ほとんど毎日書籍から学び続けました。そうするうちにいくつかのポイントを確実に理解して正しい行動をとれば、 被ばくを最小限に防ぐことは可能なことが判りました。そうして得たまとまったノウハウを今日あなたにお届けします。


被ばくには、”避けられる被ばく”と”避けられない被ばく”があります。大人はともかく成長過程にある子供たちは何としても守らなければなりません。 大人、特に中年の男性は感受性が低いのでまだ良しとしても(良しという概念はないと思いますが)、子供の場合は大人と比べて感受性が強く、 成長スピー ドも早いため、大人と比べて3倍以上の危険に晒されてしまいます。 比較的地表に近い(0〜150p)ほど大気からの内部被ばくの確率は高くなるのですが、 子供の場合はもろに影響を受けてしまいます。

ですからあなたやあなたの家族、子供さんを被ばくから守るためには、放射能に対する正しい知識と行動が求められてくるのです。 責任ある大人という立場で知らなかったでは済まされません。実際にチェルノブイリでは5〜10年後にお子さんを甲状腺がんで亡くした母親は、 「あの時の野イチゴが・・・」と涙ながらに訴えていたという話を聞いています。

それにしても日本人は危機感がなさ過ぎですね。私のパパ・ママ友達も「放射能なんて大丈夫だよ〜」と、慎重になっている人を指して笑っていましたから・・・ それに対し日本にいる外国人には自国の方から国外退避が発令されている国もありました。 3.11以降、街中では外国人の姿が以前ほど見られなくなったのは言うまでもありません。 私の友人のN証券でもあの爆発後すぐに荷物をまとめて自国に帰ったそうです。あまり知られていませんが、 日本の大物達も西日本や九州、海外に移住しているのが現実です。庶民は何も知 らないまま、危険に晒されているのです。 世界の放射能学者からすると日本人は格好の被験者となっているのです。 今回のマニュアルを理解していただき、万全の策を講じていただきたいと思います。


もはや国に飼いならされた学者やテレビ局の言うことを鵜呑みにしてはならないと思います。それに「エビデンス」が証明されてからでは遅いのです。 科学では限界があることを知るべきです。科学に先立つものは人間の存在であり、日常生活という現実です。 今回、あなたに公開させていただく内容はタイトルのとおり、 ”自宅でセシウム137やヨウ素131、ストロンチウム90、プルトニウム239などの放射性物質から家族の健康を守る方法”です。

そして今現在、「食」の在り方が色々な意味で問われています。「肉」から規制値の5倍の放射性セシウムが検出されたり、 「お茶」の葉から放射性セシウムが検出されたり、魚から放射性ヨウ素が検出されたり・・・ いずれさらに半減期の長いストロンチウム90が検出されるのも時間の問題です。そんな今だからこそ、 チェルノブイリ原発事故からの教訓から学ばなければなりません。 5年後、10年後に助かった人と助からなかった人との違いはどこにあったのか。

3.15 の水素爆発?の後の1週間、私は子供と部屋にこもり、最低限の外出以外は部屋の中で過ごしました。 先見の明がある友人たちから普通では得られない情報を先 に入手にしていましたので、私もその内容をブログなどで告知しました。 内容は「放射性物質が関東圏内を席巻するから、1週間は外に出ないで欲しい」という ものです。 テレビでは水素爆発を強調していましたが、その時すでに、大量の放射能が漏れているという話でした。ですが多くの読者さまから、 「辰巳さん、大袈裟ですよ!」と嘲笑されました。国の機関からも「不安を煽るな」と警告されました。


その後はもうご存じの通り、あの1週間の間にとてつもない量の放射性物質が埼玉、千葉、東京、神奈川に降り注いでいました。 私も小雨が降っていた時間帯に全身をウィンドブレーカーで覆って外出をしたのですが、街中では無防備にも傘をささずに歩いている親子に沢山出会いました。 水素爆発だと信じ込まされていたのですから無理もありません。あの1週間は特に多くの死の灰が関東圏内を直撃していたのです。中でも埼玉県は桁が違います。

1986年に起こってしまった「チェルノブイリ原発事故」の際に秋田県に降り注いだ死の灰の量は1uあたり 「150ベクレル」です。上のグラフをご覧下さい。それからちょうど10年経過したあたりから、秋田県をはじめとする東北地方では、 通常では考えられないくらいの何倍もの方が乳がんをはじめとするガンを発症しています。下のグラフは当時の放射性セシウムの量です。 恐ろしい のはその時と比べてみたところ、神奈川県では1uあたり「543ベクレル」と秋田の4倍近くとなり、埼玉県では1uあたり 「3998ベクレル」と、なんと秋田県の25倍以上の数値を示しています。

そう、その時の死の灰の量と今回の量を比較するとその差は何十倍にもなります。これで何も起こらないはずがないということがお解かりいただけたでしょうか。 秋田県ではこの辺りから現在に至るまでガンによる死亡率が13年連続全国ワースト1位なのです。 このような根拠からも放射能に対して何の対策も講じなければ、最悪の事態が待ち受けていることが今から予測できるのです。


そういう環境ではありますが、私(辰巳)は解決できる方法が必ずあると考えています。私の家内は看護師ですが、 以前彼女が勤めていた病院の院長は 広島で原爆を経験されています。爆心地から10キロ圏内という近い場所で被ばくに晒されましたが、 90歳半ばを超え、未だ原爆症を発症していません。被ばくをしたとしても最低限の生活を心がけることで放射能問題を未然に防ぐことは可能だということです。 広島や長崎の原爆症の恐怖についてはご存じのとおりだ と思いますが、全員が全員、すべての人が放射能被ばくをしながら発症した訳ではありません。

これから私たちは目には見えない放射性物質とどう付き合っていくのか・・・ 商材にまとめた内容については3.15以降、3ヶ月間の間に沢山の専門家のセミ ナーや勉強会に参加して得たノウハウが中心です。 武田邦彦教授を始めとし、多くの放射能の専門家やホルモン研究の第一人者などの話を様々な角度から学ばせ ていただきました。 悲観論から楽観論まで様々な学者のお話しを聞かせていただきましたが、「損と得の道あれば損の道を選べ」という言葉の本質のとおり、 敢えて損の道を選ばせていただきます。

私個人は楽天的な性格ですが、敢えて悲観的な立場に立ってマニュアルにまとめさせていただきました。一事が万事ですからね。 私が知っている世の中 のリーダーや起業家は問題を課題に変えてそれに対処されています。ある意味リーダーは「臆病者」に例えられます。 なぜならリーダーは危機感に対して敏感だ からです。世のリーダーは凡人よりも何をするにも多くの準備をします。 そういう意味でも臆病であることはリーダーとしてのスキルの一つではないでしょうか。


さてマニュアルの枚数はそれほど多くはありませんが、無駄なものを極力しぼって、最低限知っておいた方が良い内容ばかりです。 知っているかいない かの差は5年後、10年後に表われてくるでしょう。そう、微差は大差を生むからです。 10年後の痛みを考えて今から準備をするのか、それとも今の快楽を優先して、10年後に苦しむ道を選ぶのかはあなた次第ということです。 片方は繁栄であり、もう片方は衰退へと続くとすれば、あなたは今、どちらを選択しますか?


私は今、本当に心配しています。何を心配しているのかというと、この非常事態に置かれていながら、 内部被ばくに対して正しい知識を持って対処しよ うとしている大人が余りにも少ないことです。考えてみて下さい。 大人が正しい知識と危機感を持たずして、どうやって子供たちを今も漏れ続けている放射能から守ってあげられるのでしょうか。 もちろん必要以上に危機感を煽るような記事は読まない方が無難です。気持ちが落ち込むことはイコール、免疫力の低下につながるからです。 それに抵抗するものは蔓延るというように、負の部分にフォーカスしてしまうと、むしろ問題が大きくなることだってあり得ますから。

ですがあなたは自立した大人です。世の中で起こることは必ず解決するという信念で放射能問題と真っ向から向き合い、 建設的な対策を打つことが求められます。 子孫繁栄のためにも今の状況から逃げてはなりません。 我々が生まれ育った時代に起こったことは、我々が次世代に負の産物を残さない形で子孫に受け継がなけ ればならないからです。 そのためにも子供たちのリーダーである大人一人一人が気持ちを強く持って、必ずこれらの問題は解決に向かっていくという信念で 放射能の問題に取り組んでいただきたいと思います。


私の知人に小学生の先生がいるのですが、ある日、小学生が先生に言いました。「先生、僕たちは5〜10年したらガンで死ぬんですか?」と。 この話を聞いた時、私は胸が痛くなって涙が出てきましたね。これが子供たちの無意識に眠ってしまっている痛みなんです。 子供は親に対して心配をかけないように不 安や恐怖を自分の中に閉じ込めようとします。 大人ですら恐怖なのに子供たちの中に何らかのPTSDなどの心理障害が残っていないはずがないのです。

私の知人の娘さんは今でも建物が揺れると泣き顔になるそうです。そういう意味でも大人はまず最低限、お手本の食生活をする必要があります。 正しい食の知識が 必要なのです。もうすでに被ばくをしているのに、添加物まみれのハンバーガーにコーラなんか飲んでいては話になりません。 またそうした食生活を感受性が豊 かで無抵抗な子供たちに食べさせ続けていると10年後はどうなってしまうのでしょうか。

それに某地域の小学校ではこの事態に置かれていながらも食育と題して「地産地消」とか言いながら「被災地の野菜を食べよう」と推進している始末です。 というか、関東地域のほとんどの小学校の給食の食材は被災地を含む産地です。私が通う娘の小学校ではセシウムに汚染された食材の使用が疑われました。 今では給食から牛肉の献立が外されました。じゃ、これまでは大丈夫だったんでしょうか?もちろん全てが問題だとは言いません。 中には被ばく野菜の流出を事前に回避しようと、問題解決に向けて努力されている被災地の農業団体も増えています。

ここまで国民が努力しているというのに、文科省はどう責任を取るのでしょうか。仮に10年後に病気を発症したとしても国が責任を取るはずがありません。 給食の問題などは直接的なコントロールはこちらではなかなか出来ませんが、せめて自宅でだけはデトックス食にフォーカスしなければなりません。 子供 に対する親としての責任ですね。「被ばくをしているかもしれない・・・」ということを前提でお子さんと接することです。 あなたがしっかりしなければならないのです。


ご存じのとおり被ばくには「内部被ばく」と「外部被ばく」の二通りあります。外部被ばくの場合は水拭きをしたりシャワーを浴びたりすることで その場は一旦避けることはできるのですが、問題なのは内部被ばくですね。体の中に入った放射性物質は体の中に留まり続けている間、 永続的に放射線を放出してい ます。それも四方八方にまで。もしストレンチウム90やプルトニウム239が体内に取り込んだままとなってしまうなら、 想像するだけで恐ろしくなります。

ですから放射性物質を取り込まない工夫や、万が一体内に入ったとしても除去できるような体質を今から作っておくことが大切なのです。大丈夫です。 今からならまだ間に合います。あなたは何らかの引き寄せでこのサイトに辿り着いたのだと思います。何でもそうだと思いますが、 対策が遅れることでリスクを回避できることはまずありません。私はすぐに決断が出来て即行動する人が好きです。

そして肉体を進化させ続け全てにおいてきっちり自己管理のできる人がこの国の舵を取るべきだと思います。時代は危険な方向に向かっているのではありません。 むしろさらなる繁栄に向かって宇宙レベルで進化しようとしているのです。 宇宙船地球号に乗っている我々一人一人が放射能に負けない力強い肉体と 精神で今の難局を乗り越える時が来たのです。 生き残ったDNAが未来の地球をリードするのですから。

それでは今回のマニュアルの内容の一部をお知らせしておきます。

(PDF版120ページ※画像はイメージです)

マニュアルは専門家の講演会やセミナー、他、合わせて2000ページ以上の専門書を読破した上で余計な部分を省き、 実現性の高い貴重なポイントだけをオリジナルにまとめたものです。まさに濃縮還元100%の内容です。
……………………………………………………………………………………………………………………………
(マニュアルの一部です)


……………………………………………………………………………………………………………………………


これら最低限の知識さえあれば被ばく対策はほぼ大丈夫です。何よりも今、与えられている自然の恵みに感謝することですね。 すべての基本は「感謝」 です。決して悲観的にならないで下さいね。物事を悲観的に考えてしまうと細胞と細胞の結び目に負荷がかかって、 その結び目がガン化します。ですから今後は 放射能に関するマイナスのイメージを持つことを極力遠ざけることです。 メディアが流す不安を煽るような記事についても感情の目で見ないことです。

マニュアルに書かれていることを理解しながら実践して下さい。そして日々肉体が進化し続け、日々若返っている自分をいつも想像しましょう。 不安に なったら「私は日々若返っています」と呟いて下さい。この世の中の全ては思いが先、結果は後です。 理想の未来をイメージして目の前のことを一つ一つ取り組 んで欲しい。マイナスの除去にフォーカスすると力強さを感じなくなるので、 「これを習慣化できたら次はこれを・・・」という感じで「成りたい姿」を常に フォーカスして、一つ一つの作業を楽しんで下さい。


最後にこのマニュアルの価格ですが、無制限のサポートがついて6700円のところを、「2980円」でお渡しさせていただこうと考えています。 誰にでも手に取っていただきたかったので、思い切ってこの価格にしました。1日にたった「100円」の節約で、あなたとあなたの家族が救われるきっかけとなります。 もちろん「無制限サポート付き」です。民間が運営する「放射線被ばくから守る会」の会員でもありますので、信頼あるサポートに努めさせていただきます。

先着50名様が過ぎましたら「6700円」となります。価格が上がる前に、下記のお申し込みフォームより今すぐお申し込み下さい。 毎日缶コーヒー1杯を節約する節約で、あなたとあなたの家族が救われるきっかけが得られるのですから、この機会を見逃さないで下さい。              

※2011年8月26日の発表です

”原子力安全・保安院は26日、東京電力福島第1原発事故で1〜3号機から大気中に放出された放射性セシウム137の総量は、 昭和20年の広島市への原爆投下の168・5倍に上るという試算を公表した。  保安院の資料によると、福島第1原発事故のセシウム137の放出量は1万5千テラベクレル(テラは1兆) で、広島原爆は89テラベクレル。一方、ヨウ素131は福島が16万テラベクレルで、 広島の6万3千テラの約2.5倍だったことが明らかになった・・・”

私たち大人は子供たちの将来に責任を持たなければなりません。今、私たち一人一人が出来ることをおろそかにして良いのでしょうか! 福島では今、何 が起こっ ているのか!保健室には鼻血が止まらないということで駆け込む生徒たちが増えている様子です。 あなたが出来る貢献は何も大きなことでなくて良いと思いま す。あなたとあなたの家族をこのマニュアルをきっかけに救ってあげて欲しいと思います。

商品名

※画像はイメージです

(ダウンロード版PDF120ページ)


商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
効果には個人差があることをご了承下さい。


先着50名様限定で55%引きに!

6700円⇒2980円

※50個を超えると6700円に価格が上がりますのでお早めにお申し込み下さい!

………………………………………………………………………………………………………

<<無料相談受付中です!>>

ご購入に関するご相談を受け付けています。何度もレターを読んで質問内容を具体的にしていただき、 08037263183、スカイプID:hinamamao917、または巻末の「お問い合わせ」より、疑問な点を放置せずにご連絡下さい。

………………………………………………………………………………………………………


自宅でセシウム137やヨウ素131、
ストロンチウム90、プルトニウム239などの
放射性物質から家族の健康を守る方法






*インフォトップの決済システムを利用しております。




お申し込みの流れは・・・

●Step1「お申し込みフォーム」クリック後の画面です


●Step2初めての方は左のフォームにメールアドレスを登録します


●Step3必要項目を入力し「次へ」をクリック(数字は半角です)


●Step4@ご注文内容を確認します


●Step5A決済手段を選択し「注文内容確認へ」をクリックします


●Step6最後に「利用規約に同意し注文する」をクリックします


※決済完了後14日以内にinfotopユーザーマイページよりダウンロード
特典1

奈良県産のお米、減農薬ひのひかりを25%OFFで買える権利を!


日本人の主食、奈良の大自然に囲まれた甘くて美味しいお米はいかがでしょうか!弊社では独自のルートを使って、 こだわりの減農薬「ひのひかり」を契約農家さんに作っていただいています。農薬は最初の1回だけ使用。 あなたのご自宅に農家さんより安心・安全を直送いたします。1回のご注文で、本マニュアルの価格が浮いてしまうくらいの破格です。(※価格につきましては下記のURLよりご確認下さい)

お米

※画像はイメージです
http://genmai-food.blogspot.com/
特典2

無期限・無制限の無料サポートで、
あなたの痛みを和らげます!


本マニュアルを手にされた方には、無料メールサポート、もしくは無料スカイプサポートを無期限・無制限で受け付けます。 いただいた質問につきましては精一杯お答えさせていただきます。 解からない点は専門家の意見を聞きながら、精度の高いお答えに努めさせていただきます。 ただし質問は重要度の高いもの、もしくは多かった質問を優先的にお答えさせていただきます。 なぜ無期限・無制限なのかというと、少しでもあなたに安心感を与えたいからです。今回の事故は長きに渡っての闘いになると思います。 私もあなたと一緒に問題解決に向けて腹を括って取り組ませていただきます。

無料サポート

※画像はイメージです
サポート期間無期限・サポート回数無制限です。
あなたの心の痛みをお聞かせ下さい
特典3

大切な家族を守るガイガーカウンターの入荷情報をお届けします!


いざ線量計といっても、どこのメーカーを使用すればいいのか、迷うところではないでしょうか? 国内で流通しているガイガーカウンターの中には、誤差の大きいものが溢れていると耳にすることがあります。 ではどこのメーカーを選べばいいのでしょうか?弊社独自のルートからの入荷情報を含め、最新の情報をお届けいたします。

ガイガーカウンター

※画像はイメージです
携帯しておくと、いつでも計れます

最後に・・・



私(辰巳)も一児の娘を育てる親(主夫)ですから、
あなたの不安な気持ちはよく理解しているつもりです。
福島の被災地にも親戚が住んでいますので、
その苦労も解かっているつもりです。


もう恐怖を通り越して生きていくことに
精一杯というのが現実でしょう。


ですがかつての私たちの先祖がそうであったように、
次の世代に住みよい地球環境を継承するという
使命を忘れてはならないと思います。


たとえ放射線被ばくをしたとしても
それを上回る免疫力、つまり生命力を
我々は持っていると思います。


放射性セシウムはコントロールできませんが、
このマニュアルを使ってあなたの環境を
コントロールすることは可能だと思います。


環境は100%コントロールできなくても
あなた自身は100%コントロールできます。


最後にひとこと言うならば、あなたの心の痛みは、
私の心の痛みでもあるということです。


辛いのはあなた一人だけではないということ。


こんな時だからこそ拳を天に突きあげて、
エネルギー全開で生きる時ではないでしょうか!


日本人一人一人の真価(進化)が問われる時が
やってきたのです。

商品名

※画像はイメージです

(ダウンロード版PDF120ページ)


商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
効果には個人差があることをご了承下さい。


先着50名様限定で55%引きに!

6700円⇒2980円

※50個を超えると6700円に価格が上がりますのでお早めにお申し込み下さい!

………………………………………………………………………………………………………

<<無料相談受付中です!>>

ご購入に関するご相談を受け付けています。何度もレターを読んで質問内容を具体的にしていただき、 08037263183、スカイプID:hinamamao917、または巻末の「お問い合わせ」より、疑問な点を放置せずにご連絡下さい。

………………………………………………………………………………………………………


自宅でセシウム137やヨウ素131、
ストロンチウム90、プルトニウム239などの
放射性物質から<家族の健康を守る方法






*インフォトップの決済システムを利用しております。




※政府機関に身の安全を訴える子供たち